ほめる

手放しで褒める

 

大人になってからは、人は手放しで褒められることがないです。

 

手放しで褒められた時を思い出すと、おそらく、

こどもの時に親から褒められたときくらいじゃないでしょうか?

 

ハイハイができたとき、一人立ちができたとき、パパ、ママをしゃべったとき、

 

しかし、今は事情が異なります。

おだてて、誰かをコントロールしようとするときに、

褒めたりすることがありませんか?

 

だからこそ、何の下心もなく心の底から褒められれば、

人はとても嬉しい気持ちになるのもうなずけるでしょう。

 

この心理を利用するのです。

あなたのことを彼にスキになってもらうのに、この心理を利用するのです。

男性のプロフィールから読み取れる情報

理想的な男性候補のプロフィールをじっくりと見て下さい。

そこには、彼のセールスポイントと同時に劣等感も読み取れるのです。

 

年収欄が空白、体型・学歴が空白であれば、そこに劣等感を感じいます。

仕事に自信を持っている、車が自慢とか、プロフィールをじっくりと眺めることにより、

人物像が浮かんできます。

 

例えば、学歴は低いが年収が高い努力家であるとか、、、

そういった彼の人物像から浮かび上がった魅力をまず把握してください。

 

ここからが重要です!!

 

彼の魅力を踏まえたうえで、

彼を特集する雑誌の記事を好意的に書くつもりで、インタビュアーになって

ください。

 

あなたの理想の彼氏候補が

通勤中に読書をしている男性であることがわかれば、

 

通勤電車の中では、疲れてほとんどの人が寝ているのに、

読書しているなんて尊敬します!おすすめの本を教えてください、とか

 

彼からの返事に対して、また、褒めてあげる。

そのようなやりとりを続けているうちに、心を開いてくれて

彼が自分の生き方に関して話し始めたり、本音を話し始めたりしたら、

よし!とガッツポーズしてください。

 

そんな時も、彼からの言葉を決して否定せず、心から理解してあげて、

支持してあげてください。

 

そうすることで彼はあなたを本当の理解者であると思ってくれることでしょう。

 

彼の本音が出やすいセリフに注意する

あなたの理想の彼氏候補が誠実であるかどうか、

きっちりと見極めるのが何よりも重要です。

 

見極め方法のひとつとしては、個人情報をどこまで教えてくれるかです。

 

そして、彼の劣等感・価値観・世界観が大体理解できてきて、

彼を気に入れば、次のステップとして実際に会うべきです。

 

もしも、どうも合わないと思えば、やりとりをやめて会うべきではないです。

 

理想の彼氏候補とあたながマッチしているのかどうかの見極め方は、

とても簡単です。

それは、

ノリが合う

価値観が合う

かどうかで判断してください。

 

会うべきか会う必要がないかを見極めるまでにかけるべき時間は

1か月から3か月です。

 

彼氏候補の数人とのやりとりを同時進行で実施していき、

相手の男性から連絡が来なくなったり、気に入らない男性は

どんどん候補から外していってください。

 

この作業をたんたんとこなしていくのです。